歯周病治療(歯槽膿漏・歯肉炎)|福岡市南区大楠(高宮駅東口)|ほんだ歯科診療室

歯周病治療(歯槽膿漏・歯肉炎)

歯周病治療のご案内

歯周病(歯槽膿漏)とは?

歯周病とは歯ぐき、歯根膜、歯槽骨などの歯周組織に起こる病気の総称をいいます。歯ぐきに炎症がある「歯肉炎」、炎症が広がり歯槽骨を溶かしてしまうのが「歯周炎」といい、「歯槽膿漏」とも呼びます。
最初は気に留めることもない症状から始まり、はっきりした自覚症状が出てきたころには進行してしまっていることから「静かなる病気」と呼ばれるほど。
日本人では成人の80%が歯周病にかかっていると言われていますが、歯と歯ぐきの間に溜まる汚れが原因で起こる病気なのでお子さまのうちから可能性はあるのです。
進行するといずれ歯を失うこともあるばかりか、生活習慣病とも深く関りがあるので歯周病にならないための予防と早期発見がとても重要です。

歯周病治療

定期的に歯ぐきの状態、歯周ポケット(歯肉溝)の深さなどを検査し、レントゲンを撮ることもあります。
歯垢や歯石の除去を行い、正しい歯磨きの仕方も繰り返し指導いたします。
歯肉炎の状態ですとこれだけでも大きな改善が期待できますが、骨を溶かしてしまっている歯周炎の場合は溶けてしまった骨を再生する必要があり、歯科での治療が重要です。
歯周病はゆっくり進行するぶん、改善にも時間がかかります。歯科と患者様が協力しあって、治療は成り立つのです。
歯周病が進行してしまうと、いかに歯を残すかということが課題になってきます。健康的な生活を心掛けていただき、私どもも患者さまが楽しくお食事できるようにお手伝いさせていただきます。

歯周病の進行について
正常な状態 歯肉炎 初期の歯周病 中期の歯周病 末期の歯周病
歯ぐきが健康なときは、歯が歯周組織にしっかり固定されています。
薄いピンク色です。
歯ぐきの炎症が起き歯周ポケット(歯肉溝)が深くなっていきます。
赤みや出血などの症状がでてきます。
炎症が酷くなると歯周組織にも炎症が進み、骨が溶けだします。
赤みや腫れが酷くなり、出血しやすくなります。
炎症がさらにすすみ骨は半分ほど溶けて歯がぐらつきはじめます。
歯ぐきの色も濃い赤や赤紫になります。
骨が半分以上溶け歯がぐらぐらになり、自然に抜けてしまうこともあります。
ご自分で気をつけること
  • 正しい歯磨きを心掛ける
  • デンタルフロスや歯間ブラシを使う
  • 歯垢のもとになる糖分やダラダラ食いに注意
  • 食べのもが歯につまりやすくなっている
  • 喫煙を減らす、禁煙する
  • 定期的に検診や歯のクリーニング(PMTC)を受ける

歯周病の治療、予防で大切なのは原因をなくすこと。歯磨きの仕方や生活習慣は、今までずっとそうして過ごしていたものを変えるのは難しいかもしれません。しかし年齢とともに体の免疫力が落ち、歯周病のリスクも高まっていきます。
一度正しい歯磨きを身に付け、歯周病につながる悪い習慣をなくしてあげることで、これからの健康にも繋がっていきます。

歯周病の治療後は

歯周病の治療が終わっても、また歯周病になる前の生活に戻ってしまうと再発してしまいます。歯周病の進行度合いで治療法や期間は異なりますが、治療中にがんばってきた歯磨きの仕方や習慣は、ずっと続けてください。
そして、定期検診を欠かさないこと。そうすることで、症状の起きにくい段階での歯周病は、私どもが見落としません。
お口の中の健康のためには、ご自分だけの判断ではなく、プロの目が必要です。いつでも気軽に来ていただいて、お口の中を診せてくださいね!

PAGE TOP