入れ歯治療(部分入れ歯・総入れ歯)|福岡市南区大楠(高宮駅東口)|ほんだ歯科診療室

入れ歯治療(部分入れ歯・総入れ歯)

入れ歯治療のご案内

歯を失ったときの治療法

歯を失ったときの治療法として、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。入れ歯は着脱可能なもので、総入れ歯と部分入れ歯があります。
歯を失ってしまったときはいずれかの義歯を入れることをお勧めします。
歯がないままだと、それが1本でも食事がしにくくなったり、お顔の表面が変わってしまいます。そしてその失ってしまった歯の横の歯が倒れてしまったり、噛み合うはずの部分の歯が伸びて、噛み合わせが悪くなってしまいます。
義歯を使用することで、またお食事を楽しめるようになることは可能なのです。
インプラントについてはこちらをご覧ください

入れ歯の種類

ブリッジ

ブリッジのイメージ画像ブリッジは着脱せず固定する義歯です。歯がない部分を埋めるために、左右の歯を削りそこから橋渡しするように固定します。
装着や見た目の違和感がなく自然な仕上がりになりますが、歯を失った部分の左右に歯があることが前提で、失った歯が1、2本の場合に使用できます。
土台の歯に負担がかかりますので、リスクもあります。

部分入れ歯

部分入れ歯のイメージ画像部分入れ歯はバネを使って装着する着脱式の義歯です。バネがかかる歯の負担を減らす、装着時の違和感を減らすために細かい調整が必要です。
バネが目立つデメリットはありますが、他の歯を削る必要がなく、取り外してお掃除することができます。
残った歯に負担がかかるのでメンテナンスが必要です。

総入れ歯

総入れ歯のイメージ画像上下いずれかの歯が1本も残っていない場合に歯ぐきに被せて使用するのが総入れ歯です。こちらも装着時の違和感を減らすために細かい調整が必要です。
初めて入れ歯を入れる方はとくに違和感がひどく食事もしにくいため、すぐに何でも噛めるというわけにはいきません。調整に時間がかかる場合もあります。

金属床

金属床のイメージ画像義歯床が金属で出来ている入れ歯のことです。
義歯床を金属にすることで強度が確保され薄く、軽く作ることができ、装着時の違和感も軽減します。保険が適用されないため高額になってしまいますが、保険適用のものより細かい調整がしやすいメリットがあります。

スマイルデンチャー

スマイルデンチャーのイメージ画像金属のバネを使わず、歯ぐきに近い透明感のある色で見た目も自然な部分入れ歯です。内側の金具も必要ないため違和感は少なく、弾力性のある素材でフィット感があります。薄く、割れにくい素材ですが特殊な素材のため専用の洗浄剤が必要です。こちらも保険は適用されません。

入れ歯の治療費について

義歯、入れ歯の治療には保険適用治療と自費診療がございます。
見た目や装着時の違和感だけでなく、調整しやすいか、どれくらい長持ちするかなど、患者さまの生活に合わせて制作する必要があります。お口の状態をしっかり検査し、カウンセリングしてからの治療となりますので不安やご希望をお聞かせください。
ここでは自費診療の料金をご案内いたします。

施術名 金額 施術内容
金属床義歯 チタン 453,600円 義歯床が金属で出来ていて調整がしやすい入れ歯です。
コバルト 356,400円
スマイルデンチャー 108,000円 金属のバネを使わずに、弾力性のある特殊な樹脂を使用した審美制重視の義歯です。

PAGE TOP