口腔外科(親知らず・抜歯)|福岡市南区大楠(高宮駅東口)|ほんだ歯科診療室

口腔外科(抜歯・親知らず)

口腔外科のご案内

口腔外科とは?

口腔外科ではお口まわり(歯、歯ぐき、舌、唇、顎の関節など)の外科的な治療を行います。身近なケースでは親知らずの抜歯、埋まってしまった歯への外科手術がございます。

親知らず(智歯)

親知らずとは永久歯が生えそろった後、20歳前後で一番奥に生えてくる歯です。親知らずの抜歯は大変だと思ってらっしゃる方も多いかと思いますが、必ずしもすべての親知らずを抜歯しなければいけないわけではありません。他の歯と同じように、綺麗に並んで生えてきて他の歯に影響もなく歯磨きもきちんとできるようならそのままにします。
しかし、親知らずはきちんと生えてこずに斜めに生えることもあるばかりか、横向きに生え歯ぐきから出てこない場合などさまざまあります。そうして生えてきた親知らずは、他の歯を押して痛みが出たり、歯並びに影響が出たり、歯磨きが行き届かずに虫歯になってしまうことがあります。
レントゲン撮影で他の歯への影響があるかを判断し、どう治療するかの説明をさせていただき、患者さまのご負担についても考えながらの治療開始となります。

抜歯した方がいい親知らずの生え方
  • 虫歯や歯ぐきの炎症がある
  • 斜めに生えて口の中の粘膜を傷つける
  • 他の歯を押して痛みがある、歯並びに影響がでる
  • 完全に埋まっていても他の歯や顎に影響がでる
  • 一部だけ出てきて虫歯や歯ぐきのリスクが高い

PAGE TOP