口腔外科(親知らず・抜歯)|福岡市南区高宮・大楠・平尾のほんだ歯科診療室

口腔外科(抜歯・親知らず)

口腔外科のご案内

口腔外科とは?

口腔(口のなか)、顎(あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。口腔外科で取り扱う疾患は親知らずなど歯が原因で歯茎やあごがはれる炎症や歯の破折や口の中の裂傷、あごの骨折などの外傷など様々です。

親知らず(智歯)

思春期後半から20歳以降に生えてくる「親知らず(智歯)」。
親知らず(智歯)と聞くと、「口腔内に不都合や疾患を起こす歯」と連想される方が多いのではないでしょうか。
親知らず(智歯)は横向きで生えてきて歯茎や顎の骨を圧迫して痛みを与えたり、そうでなくとも非常に磨きにくく虫歯や歯肉炎を誘発したりもすることが多いからです。
そのため、親知らず(智歯)が生えてくると抜歯などの対処をすることが多いのですが、歯そのものや神経は健康であることが多いため、その治療は患者様の負担が大きくなるのです。
当院では、安易に抜歯をご提案せずに患者様の不安が少しでもなくなるようカウンセリングを行って治療を進めていきます。

親知らずを抜歯したほうが良い場合
  • 手前の歯と同じように生えてきているが、歯磨きが上手に出来ない場合
  • 中途半端に生えていて、歯の一部だけが見えている場合
  • 横向きに生えてきている場合
  • 骨の中に完全に埋まっているが、レントゲン写真上問題がある場合
  • 歯並びを悪くする恐れがある場合

PAGE TOP